封入封緘機 Relay® 6000

封入封緘機 Relay6000

Relay®インサーター(ファイル・コントロール機能対応)
生産性と正確性を実現する確かなソリューション

Relay®インサーター(ファイル・コントロール機能対応)は、中規模~大規模の発送処理向けに設計されており、 正確さと安全性が向上するとともに、郵送作業のスピードもアップします。封筒処理能力は毎時最大5,400通で、請求書、取引明細書、その他の個人宛ての郵便物を迅速に処理することができます。

ファイル・コントロール機能は、ピツニーボウズ®が提供する、長年の実績に基づくファイルベース処理技術であり、従来のOMRまたは1D/2Dバーコードの読取り機能に加え、リファレンスファイルを用いることにより、紙折りや封入作業をコントロールすることができます。そのため、どの用紙が紙折りされ、封入されているかだけでなく、各顧客ごとのページを特定し、追跡することができます。

リアルチャネルのコミュニケーションも、デジタルチャネルと同様の精密性をもって行わなければなりません。

リスクを緩和

正確 Relay3500

コンプライアンスへの遵守は、新しい規制や顧客データの保護に関する懸念が高まる中、ますます複雑になっています。

ファイル・コントロール機能により、すべての顧客の文書の処理を追跡・確認することができ、その証明のために郵送実行履歴を用いて再生することができます。

生産性の向上

高い生産性 Relay3500

ファイル・コントロール機能を用いれば、ジョブ設定とマテリアルのセットアップは簡素化され、エラーが起きたときは、未完了の文書を容易に再印刷することができます。

作業の途中でも、正確にどのページが完了したかを確認することができ、どのページが次に処理されるかも把握することができます。郵便物が正確に処理されていることを証明するために、生産性が犠牲になることはありません。

効率性の向上

汎用性 Relay3500

定型や定形外封書を容易に扱えるということは、全べて部門において発送処理を自動化できることを意味します。

手作業の切り替えが不要なストレート・ペーパーパスにより、郵便作業の中断を最小限に抑えることができます。

売上の確保

汎用性 Relay6000

個人情報保護を重要視しない会社とビジネスを行うことはほぼあり得ないことです。ファイル・コントロール機能を搭載したRelay™インサーターは、顧客の郵便内容の正確性を担保する支援をします。

また、郵便処理をより早く完了することを可能にし、顧客へ発送を発送をより迅速に行うことができるようになります。


封入封緘機 Relay® 6000 主な仕様


処理速度 最高4,300通 / 時
月間耐久性 月間120,000通 / 月
紙折りオプション 内三つ折り(C折り)、外三つ折り(Z折り)、二つ折り、四つ折り、折りなし
整合性オプション OMR、1D/2Dバーコード、
ファイルベース処理
シートフィーダー用紙寸法 最小: 127 mm x 165 mm
最大: 250 mm x 355 mm
インサートフィーダー用紙寸法 最小: 72 mm x 127 mm
最大: 152 mm x 250 mm
封筒寸法 最小: 89mm x 203mm
最大: 162mm x 241mm
シートフィーダー積載能力 標準: 最大350枚
大容量シートフィーダー: 最大2000枚
インサートフィーダー積載能力  最大350枚
封筒フィーダー積載能力 最大250通
フィーダー数 最大7(4ハイキャパシティ・シートフィーダー,3シート/インサートフィーダー)
TOP