鞍掛け中綴じ折り製本機 iSaddle System

鞍掛け中綴じ折り製本機 iSaddle System

 

先進の鞍掛中綴じ折り製本システム

従来の中綴じ折り製本機では、実現できなかった「筋をつけて折る」さらに「セットを分割して少枚数での筋付け又は折り」などの筋入れから折り加工を高品質な仕上げと圧倒的なコストパフォーマンスで実現しました。多品種少量生産時代に相応しい、次世代の鞍掛中綴じ折り製本システムです。

ProDuctivity

最大処理速度 5,000セット/時(A4 縦給紙時)を実現。高い生産性を提供します。

High Quality

高い仕上がり品質を実現。後工程の手間を省き、高品質な成果物をお届けします。

Flexibility

用紙サイズを入力することで、各調整機構部を自動調整します。
用紙サイズの変更に費やす作業時間を大幅に削減します。

新たな用紙サイズの製本を実現

DBMi Saddle SystemはA4・A5ランドスケープ※1 ※2 といった用紙の中綴じ折り製本にも対応しています。丁合機の給紙性能向上と、DBMi Saddle Systemのハイスペックな揃え性能がこれらのサイズの中綴じ製本作業を実現しました。
※1 A5ランドスケープ 仕上がり寸法 左右210✕148mm
※2 A4ランドスケープ 仕上がり寸法 左右297✕210mm

折がきれい

従来の中綴じ折り製本機と違い、クリース(筋)を入れた後に折加工を行うことで、折り加工時に用紙にかかる抵抗を軽減しています。この抵抗により用紙にかかる負担から起きていた、背割れなどの不具合を解消しました。

厚手の用紙でもしっかり

サブセット給紙制御により、少枚数ごとに給紙するので、厚手の用紙でも少枚数ごとに丁合・クリース(筋)を入れ、折り工程を行うことでしっかりとした折り加工が可能になりました。
従来の中綴じ折り製本機で行なわれることが多かった、増し折りなどの作業を軽減し、良質な仕上がり品質を提供します。

操作も簡単に

本システムの操作は、PCコントローラー(オプション)を用いて画面上で行います。
用紙サイズを設定することで、必要に応じて自動調整が行われますし、さらに用紙に合わせて微調整も行うことができ大幅な省力化を実現できます。

TOP