紙折機 デュプロフォルダー DF-999

Duplo Folder 紙折機 DF-999

紙折り作業の効率と品質を徹底追求!

クロス折りも標準装備したフラッグシップモデル Duplo Folder DF-999

紙折りニーズに、きめ細かく応えるハイスペック!

最大260枚/分のハイスピード処理

クラス最速となる260枚/分の処理を可能としました。生産性と作業効率は飛躍的に向上。さらに、処理速度は作業ペースに合わせて 6段階で調整できます。
※A4縦通し二つ折り時。

多彩な折り型をらくらく自動処理

用紙を積載すると自動的にサイズを認識。あとは折り型を選択してスタートボタンを押すだけ。給紙板が自動的に上昇して、排紙口のスタッカーローラーも最適な位置に移動します。クロス折りユニットも標準装備しています。

標準折り型

超音波重送検知機構を標準装備

請求書など顧客名入りの重要文書の作業時に用紙が2枚同時に折られてしまうという問題を解消するため、クラス初搭載となる超音波重送検知機構を標準装備しました。

カラー液晶タッチパネルを採用大型

4.3インチのカラー液晶タッチパネルを採用することで、より直感的な操作を実現。お好みキーによく使う機能を設定することで、よりスピーディーに折り作業が行えます。

<Option> DF計数ユニット

第一折込板を外して「DF計数ユニット」を付け替える事で、給紙した用紙を折らずにカウントのみ行う計数機としての活用が可能です。

<Option> A4・B5用紙専用手差しキット (DF HAND FEED KIT)

操作パネルのボタンで折り型を選んで用紙を挿入口から挿入するだけ。最大で3枚までの束ね折りが可能です。綴じてあるドキュメントでもOK。 折り型は、二つ折り、外三つ折り、内三つ折りの3種類です。

<Option> 超音波センサーキット

超音波を利用し、用紙の2枚送りを検知。従来は検知が難しかった黒ベタ用紙などの検知に最適です。

TOP