紙折機 デュプロフォルダー DF-980

紙折り機 DF-980

紙折り作業の効率と品質を徹底追求!

クロス折りユニットを標準した装備 Duplo Folder DF-980

紙折りニーズに、きめ細かく応えるハイスペック!

最大242枚/分のハイスピード処理

クラス最速となる242枚/分の処理を可能としました。生産性と作業効率は飛躍的に向上。さらに、処理速度は作業ペースに合わせて5段階で調整できます。
※A4縦通し二つ折り時。

多彩な折り型をらくらく自動処理

用紙を積載すると自動的にサイズを認識。あとは折り型を選択してスタートボタンを押すだけ。給紙板が自動的に上昇して、排紙口のスタッカーローラーも最適な位置に移動します。さらに、特殊折りは20件も登録可能。クロス折りユニットも標準装備しております。

a3

重送検知機能を標準装備

請求書など顧客名入りの重要文書の作業時に用紙が2枚同時に折られてしまうという問題を解消するため、重送検知機能を標準装備しました。対応できる用紙サイズは長さ250mm以上(定形B5サイズ縦通し)となります。

クラストップレベルの静粛性

折込板の一部を本体内に収納して、作業音を可能な限り抑えた静音設計。用紙サイズや折り型の変更に伴うストッパ類の移動音や、用紙の衝突音なども極めて小さくなりました。作業中でも快適なオフィス環境を維持します。

大型LCDパネルが操作性を向上

処理時の内容や設定方法をわかりやすく表示する大型LCDパネルを搭載。操作性が高まり、特殊折りの設定なども誰もが簡単に行えます。

A3ノビ~A7までの用紙に対応

処理できる最大の用紙サイズは、幅311mm×長さ457mmのA3ノビ相当に対応。一方、最小の用紙サイズは幅74mm×長さ105mmのA7に対応して、席次用の二つ折りカードや二つ折り名刺などの加工も可能になりました。

便利な機能が軽快な処理をサポート

1組分の作業が終わると給紙動作を一時停止させ、処理済みの折り束を排紙板から抜き取ったらすみやかに作業を再開できる、組み分けに便利なインターバル機能を装備。また、万一の紙詰まりの際にも、ボタン操作で強制的に排紙する強制排紙機能、折込板内強制排紙機能があるので安心です。
※一時停止時間は3:5:10秒、OFFから選択。

地球環境への配慮が行き届いた設計

運転時の消費電力を従来機の95Wから88Wに、また、待機電力を従来機の17Wから9.7Wに抑えました。さらに、あらかじめ設定した時間を過ぎてもパネル操作やカバー開閉が行われなかった場合、液晶パネルのバツクライトを一時的に消す液晶表示省エネ設定機能を装備。また、この機能が働く状態であらかじめ設定した時間放置すると、電源切り忘れ警報機能が1分間隔で警告音を発してお知らせします。

<Option> A4・B5用紙専用手差しキット

操作パネルのボタンで折り型を選択して用紙を給紙口から挿入するだけ。最大で3枚までの束ね折りが可能です。綴じてあるドキュメントでもOKです。

TOP