フルカラー複合機 bizhub i-Series スキャン・FAX機能

bizhub iシリーズ C360i/C300i/C250i

スキャン・ファックス

スピード、品質、配信や保存まで。
高性能、高機能を実現したスキャン&ファクス機能です。

高い生産性を実現した優れたスキャン性能

1分間に200面 / 分(両面原稿100枚分)の高速スキャンを実現した自動両面同時読取り原稿送り装置(ADF)。一度に130枚※までの原稿をセットでき、スキャンの時間も手間も大幅に短縮します。また、スキャン時の原稿の傾きを補正するスキュー補正精度を大幅に向上させ、傾きを抑えた高精度なスキャンを実現しています。
※オプションの自動原稿送り装置DF-714装着時。
※Jペーパー

高い生産性を実現した優れたスキャン性能 
  • 重送検知センサー

原稿に超音波を当て、原稿と原稿の間にある空気層を判別し重なりを検知。重送検知時には読み込みが完了した原稿のプレビューも表示されるので、スキャン操作を最初からやり直すことなくジョブを再開できます。※オプションの自動原稿送り装置DF-714装着時。

ペーパーレス化を促進する受信データのボックス保存

受信したファクスデータをTSI(発信元情報)によって自動振り分けし、本体ボックスに自動保存。クライアントPCやメール宛先への自動転送機能を設定することで、受信文書の仕分けや配布の手間と時間を節約します。さらに、本体のSMB共有フォルダーにも転送が可能。転送ファクス、TSI受信振り分けなどの機能に対応しています。受信ファクスの保存先が増えることで、ペーパーレス化を促進します。

ペーパーレス化を促進する受信データのボックス保存

不定形用紙を自動測定 用紙サイズ測定機能

原稿台ガラス面にセットした不定形用紙のサイズを自動で測定します。測定した用紙サイズは本体メモリーへの登録も可能。伝票などの不定形用紙を扱うオフィスで活用できます。

用紙サイズ測定機能
用紙サイズ測定機能

大きなスキャンデータを手軽に送信する「Scan to URL機能」 

スキャンデータを本機内に保存し、保存先のURLをメールでユーザーに送付する Scan to URL機能を搭載。E-mailで添付できないような大きなスキャンデータを手軽にメール送信できます。

ドキュメント活用の幅を広げる紙文書の電子化

紙文書をスキャンして、PDF形式やOOXML形式のファイルに変換できます。業務や目的に合わせてファイル形式を選べるので、文書の二次利用の幅が広がります。

紙文書の電子化
  • ファイル変換形式と必要オプション(i-Option)

ファイル変換形式と必要オプション(i-Option)

※1pptx変換は本体標準機能ですが、OCR機能を利用する場合にはLK-105 v4 または LK-110 v2が必要です。
※2pptxのみ対応

スキャンジョブを効率化する用途に応じた保存・送信先設定

スキャンした原稿は、用途に応じてさまざまな文書フォーマットに変換し、本体ボックスやUSBメモリーへの保存ができます。また、E-mail、SMB、FTP、WebDAVなどを介して、PCやサーバーへ送信・保存することも可能です。

スキャンジョブを効率化

その他の主なスキャン&ファクス機能

・ 約2秒の高速電送を実現する「スーパーG3規格」
・ PCからペーパーレス送信する「ダイレクトファクス」
・ 受信データを「サーチャブルPDF化」※オプションのi-Option LK-110 v2が必要です。
・ 複数のファクスを集約できる「最大4回線のFAX機能」
・ 互換性の広いインターネットファクス「W-NET FAXに対応」
・ 通信コストを削減する「IPアドレスファクス」
・ 最大2,000件(グループ100件)の「宛先登録」
・ 白紙原稿をスキャンから除外する「白紙除去機能」
・ 長い原稿をADFで読み取る「長尺スキャン」

タスクオートメーションツール ※別売商品

電子化業務を大幅に効率化する Dispatcher Phoenix

ファイル収集から処理・配信まで、ドキュメントの電子化プロセスを自動化するソフトウェアです。OCRやファイル名のリネーム処理、バーコード読み取りなど、あらかじめ設定した条件によって処理を分岐させ、ドキュメントごとに配信先へ自動的に格納します。煩雑な作業もボタン一つの簡単な操作で実行が可能。作業開始時間を設定できるため時間にとらわれず電子化作業を効率的に行えます。クラウドサービスとの連携も含めた幅広い拡張性と汎用性により、お客様のビジネスやオフィス環境に合わせたワークフローを柔軟に構築できます。

電子化業務を大幅に効率化

文書仕分けを効率化する 仕分け名人

ファイルのリネーム処理やストレージ上の指定フォルダーへの自動保存など、スキャンやファクスの仕分け作業を効率化します。社内ネットワーク環境で利用できる自社運用型で、ボックスやフォルダーの監視ができます。

文書仕分けを効率化
TOP