企業沿革

企業沿革
1950年 大阪・北浜に光洋物産株式会社を創立。
1951年 株式会社三桜社と改称。
1954年 液体式印刷機 国産第1号の液体式印刷機「296-H」を発売。
1956年 東京都に日新精工株式会社(現製造部門 株式会社デュプロ)を設立。
1958年 デュプロ株式会社と改称。
1959年 神戸・京都支店を設置。
1963年 広島支店を設置。
1966年 本社を現在地に移転。液体式印刷機「Lシリーズ」を発売。
1967年 岡山営業所を設置。
1970年 輪転謄写機、メイト「M-700シリーズ」を発売。連続フォーム事後処理機、「DECシリーズ」を発売。
1973年 南大阪支店を設置。
1977年 新聞店用丁合機「DC-1500」を発売。
1979年 滋賀・姫路営業所を設置。
1980年 山口営業所を設置。
1981年 百貨店配送業務システム「i.i.p.s.」※Image information Processing System を発売。
1984年 超小型自動封入、封緘機「MD-6600/6500」を発売。完全自動謄写印刷機「デュープリンターシリーズ」を発売。
1986年 総合コレータシステム「DC-1200/1210」を発売。
1987年 全自動一体型印刷機「デュープリンター DP-3050」を発売。
1988年 連続バーコード読取機「バーコードリーダー NB100/80」を発売。
1989年 本社新社屋竣工。コピー(PPC)と印刷機の複合機「コピープリンター」を発売。
1990年 超小型丁合機「ページセッター」を発売。
1991年 パソコンとデュープリンターのオンラインコントローラー「DP-1」を発売。シートカッター「V-570」を発売。
1992年 最新型新聞丁合機「エスペルシリーズ」を発売。
メールシーリングマシン「マルチメーラーシステム」を発売。「サクションコレーター」を開発販売。
1993年 自己診断通信システム「メンテビュー」を開発販売。
「卓上図面折機」を発売。
1994年 新聞店用組込機「DC-151」を発売。南大阪営業所新社屋竣工。
1996年 高速デジタル印刷機デュープリンター「DP-43/33/31シリーズ」を発売。
ダイレクトプリントシステム「DDPシステム」 ダイレクトプリントシステム「DDPシステム」※Duplo Direct Print System を発売。中綴じ製本機「DBMシリーズ」を発売。
1997年 「ハイパーバースター」 「ハイパーバースター」を発売。
1998年 「DP-43SF」スリム1 世界初、フロントローディング仕様の印刷機、「DP-43SF」スリム1を発売。全自動型図面折機「DF-880」を発売。
2001年 福山営業所を設置。
2002年 高速デジタル印刷機デュープリンター「DP-400/300シリーズ」を発売。
ISO14001 環境保護活動としてISO14001を取得。
2003年 無線綴じ製本機 「デューバインダー DB-50」 環境配慮製品として、無線綴じ製本機 「デューバインダー DB-50」を発売。和歌山支店を設置。
2004年 デュープリンターeシリーズ グリーン購入法適合商品として、デュープリンターeシリーズを発売。
2005年 プライバシーマーク 個人情報保護活動として、プライバシーマークを取得。
2006年 高速デジタル印刷機デュープリンター「Sシリーズ」業界初のオーダーメイドシステムを採用して発売。自社開発によるDuplo-OCRシステムをリリース。封筒を使わない環境配慮型の簡易封緘機器(タブ封緘機) ML-1 を新発売。
2008年 新聞広告中入機 DI-3100GS 新聞販売店様向け、新聞広告中入機 DI-3100GS を新発売。
2010年 高速デジタル印刷機デュープリンター「Uシリーズ」を発売。
2011年 世界初のトナー除去装置を搭載した小型製紙装置 RECOTiO 「PM-1000」を発売。
ハイスピード・インクジェットプレス DIJ-200 を発売。
2012年 紙折機「DF-980/DF-970」 紙折機「DF-980/DF-970」を発売。
2013年 エア-サクションフォルダー「DF-1200」 エア-サクションフォルダー「DF-1200」を発売。
2014年 デュープリンター「Fシリーズ」 高速デジタル印刷機デュープリンター「Fシリーズ」を発売。
2015年 和歌山支店、新事務所に移転。
2016年 6/1 デュプロ奈良販売株式会社設立。
2017年 小型製紙装置 RECOTiO2 のフルモデルチェンジ機 「EV-i250」 を発売。
TOP