梱包材への取組み

リサイクル梱包の普及を拡大

国内で流通量の多い紙折機とミニコレーター、デジタル印刷機を対象に、梱包材のリサイクルシステムを構築しました。
リサイクル専用梱包材の採用で、廃棄物の発生量を抑えています。
また、リサイクル専用梱包材には、従来品同様の強度に加え、 物流業者の意見を参考に耐久性に優れた素材を厳選。輸送上の重量負荷にも考慮して軽量化することで、回収と返却の際にかかる作業負担を軽減しています。

紙折り機のリサイクル梱包

紙折り機のリサイクル梱包

スチロールレス梱包形態を積極的に採用

これまで、製品の梱包材は、おもにスチロールを使用してきました。しかし、環境に配慮して、梱包基準を開発段階から見直し、スチロールレス梱包に変更。スチロールに代わる梱包材としてダンボールを採用しました。産業廃棄物扱いとなるスチロールの 廃棄率を低減しています。

段ボールを利用した梱包

段ボールを利用した梱包

TOP