ホーム > 製品情報 > 卓上丁合機 DFC-100N
コレーター・冊子製本機

卓上丁合機 DFC-100N

卓上丁合機初の計数機能を標準搭載した革新的なハイグレードモデル 卓上丁合機 ページセッター DFC-100N
計数機能をはじめとするいくつもの高機能が、各種報告書・企画書・資料集・教材などの
様々なドキュメント作成に求められる丁合作業で大きな効果を発揮します。
資料請求問合わせ
 ・業界初の計数機能搭載   ・小サイズの用紙にも対応   ・オプション利用でハガキにも対応
紙折機 デュプロフォルダー DF-980

高機能をよりわかりやすく、より使いやすく
業界を先駆ける計数機能搭載
卓上丁合機としては初となる計数機能を標準搭載。丁合前の枚数チェックなどに使えて大変便利です。給紙の際には、最上段から始めるモードと、用紙をセットした全段(最大上段8段)から同時に行うモードを選択できます。

小サイズの処理をより高速化
A4横通し以下の用紙に対する処理速度を向上。最速120セット/分(棒積み、ズラシ量なし時)を実現しました。また、A4縦通しの用紙の処理速度は最速70セット/分(A4縦、棒積み、ズラシ量なし時)で、丁合いする内容に合わせて6段階のスピード調節ができます。さらに最大でA3SR(幅320×給紙方向450mm)の用紙まで対応可能となっています。
小さな用紙対応のオプションをご用意
ハガキなどの小サイズの用紙にも対応が可能な「100MMKIT」をオプションとしてご用意しました。100MMKITを使用すると、幅100〜160mm、給紙方向140〜297mmの用紙に対応可能となります。
2色のLED採用で停止理由が遠くから一目瞭然
操作パネルは、状況をよりわかりやすく伝えるために、エラーや運転停止の理由をひらがなや漢字で表示。また、遠くからでも運転停止理由を判別できるように緑色と赤色のLEDランプでお知らせします。

「棒積み」「区分け積み」が選べる
紙受台は丁合いされた各セットをそのまま積み上げる「棒積み」、もしくは1セットずつ交互に積み上げる「区分け積み」の選択が可能です。また、あらかじめ設定されたセット数で「合紙」の挿入も可能です。

「ブロック機能」と「棚連機能」で効率化
・ブロック機能
10段の棚を1〜5段と6〜10段というように2ブロックに分けて、一方のブロックに積んだ用紙が無くなったら、もう一方のブロックの用紙を給紙する機能です。

・棚連機能
上下2段の棚を1つの棚として使用し、一方の棚に積んだ用紙が無くなったら、もう一方の棚の用紙を給紙します。
ステープルまで一気に処理可能(システム接続)
ファイルセッターDFC-SIIと接続すれば、針ステープル(平綴じ、肩綴じ、逆肩綴じ、要オプション)と針なしのeステープル(要オプション)と2種類のステープル機能が使用可能となります。※DFC-SIIは別売りです。

本格的な中綴じ折製本機に(システム接続)
DBM-150、DBM-150Tとの接続により、丁合いしたドキュメントをステープル(ホッチキス)し、さらに冊子の小口を綺麗に裁断した中綴じ折り製本が出来ます。
※DBM-150、DBM-150Tは別売りです。

ページセッター DFC-100N 主な仕様
給紙棚数
10段
給紙方式 3リング紙サバキ方式
用紙サイズ 320×450mm(A3SR)〜160×140mm(A5相当)
紙質
52.3〜127.9g/m² 上質紙、中質紙、孔版上質紙、更紙(特定紙)
給紙積載量 28mm(上質紙64g/m²、約350枚相当)
処理速度
最大120セット/分(A4横、棒積み、ズラシ量なし)6段階選択
紙受け方式 棒積み、区分け積み ※A3SRは区分け積み不可
紙受け積載量 最大積載高さ80mm(使用条件により異なる)
モニタ類 液晶パネル、4桁加算・減算カウンタ
ミス検知機能 重送、給紙用紙有無、空送り、紙詰まり、 紙受け満杯、カバー開閉
その他機能 強制排紙、棚連(上下2段を1段として使用)、ブロック、合紙挿入、 給紙板自動昇降、計数機能(2パターン) ※係数機能は以下制約あり。使用可能な棚は、1〜8棚目まで。
電源 100V 50/60Hz
消費電力 120W
大きさ(使用時) 820(W)×618(D)×1,000(H)mm ※キャビネットは含まない
質量(本体) 65.0kg
オプション キャビネットL N、キャビネットH N
○製品の仕様・外観は改良のため予告なく変更する場合があります。
Duplo
デュプロ株式会社
サイトマップ